HP Compaq t5740 / t5745 の改造(SOL313-0) == その3 ==

HP Compaq t5740 / t5745 Thin Client の改造に挑戦してみます。
今回は、空きパターンにSATAコネクタを増設して2ドライブ化のテストに付いて記します。


●t5740 の中古品を昨年の後半に入手しました。(確か数千円で)
●調べてみると t5740 と t5745は OS の違う兄弟機のようで、同じように
 改造が可能と思われます。
●例により、内部に未搭載状態のコネクタや空きパターンがあると、そこを
 埋めてみたくなる悪い癖で
  ・WLAN の搭載テスト
  ・mSATA SSD の搭載
  ・その他の改造などに挑戦してみます。
●当然、HP Compaq の商品意図から外れた自己流の改造なので
 自己責任満載での挑戦なのでご注意下さい。


■今回テストする空きパターン
f0175344_1473625.jpg
f0175344_14112836.jpg
黄色枠の空きパターンにSATAコネクタを搭載します。
・使用した SATAコネクタ は、形状が垂直マウントでサーフェイス
 タイプのものです。
・SATAコネクタの端子が短いのと、すく横にIDEコネクタがあるので
 難しい半田付けになります。
・マザーボードの空きパターンは、酸化しているので半田の乗りが悪く
 あらかじめ呼び半田が必須です。

■半田ごての加工
f0175344_1413991.jpg
・古い半田ごての先端を写真のように曲げて使用しました。
・となりのIDEコネクタやPCIコネクタを半田ごてで焦がしそうなので
 カプトンテープや厚紙で保護しました。
・SATAコネクタの端子部は殆ど見えないので、導通ブザーで導通と
 隣の端子とのショートを確認しながらの非常に難しい作業になります。
・2台目の作業はやりたくないかも・・・・・。

■SOL312-0変換基板
f0175344_14172425.jpg
・今回のテストに使用した変換基板です。
・この基板は、t5740用として最初に設計したものですが、検討不足で
 蓋のVESA用ボスと干渉することがわかり没基板になっていた可哀想な子です。
・若しかすると、このSOL312-0変換基板は HP t510 Thin Clientの
 換装に使用できるかも知れません。

■放熱器止めネジの交換
f0175344_1862317.jpg
・SOL312-0を取り付けるのに放熱器の止めネジの頭が邪魔になります。
・写真の位置の止めねじのストップリングを外し3mmの皿ネジに交換しました。
・ストッパーとスプリングが無いので、このネジを締めすぎると放熱器の
 反対側が浮き上がり、止め具合には注意が必要です。
・なお、変換基板を止めるスペーサも樹脂製のものに交換してあります。

■mSATA SSD搭載
f0175344_17551047.jpg
・2つのmSATA SSDを搭載できました。
・今回は、[SAMSUNG MZMPA064HM] と [RunCore 32G-C SSD]を
 使用しています。
・今回追加したmSATAコネクタ側が [Primary] で、上側が [Secondary] になります。

■BIOSでのドライブ認識
f0175344_1422763.jpg
・この機種のBIOS画面には、[Primary IDE Master] と[Secondary IDE Master]
 とのみ表示されています。

■蓋の加工
f0175344_14214740.jpg
・蓋をするには黄色丸しるしのVESA用ボスがmSATA SSDに数ミリ
 干渉するため加工が必要です。
 (mSATA SSDの種類により干渉しない場合があります)

■3ドライブ搭載実験
f0175344_14252733.jpg
・IDE(PATA)ポートにオリジナルの2GB SSD(Flash Memory)を
 無理やり取り付けて3ドライブの実験をしてみました。
・確認したかったのは、どのポートが起動ドライブなのか?
・それぞれのSSDにはOSがインストールしてあります。
 [SAMSUNG MZMPA064HM] ---- Windows 10
 [RunCore 32G-C SSD] ---------- Windows 7
 [IDE 2GB SSD] -------------------- WindowsXP Embedded
・前述の通りBIOSには[Primary IDE Master] と[Secondary IDE Master]
 の2つしか表示されません。
・結果
 「一度起動したドライブから次回も起動する」でした。
 例えば:
  1)[IDE 2GB SSD]以外のドライブを取外し一度起動し、電源を切断する。
  2)その後、他の2つのドライブを取り付け起動するとWindowsXP
   Embeddedが起動する。
  3)同様に[SAMSUNG MZMPA064HM]のみから起動し、電源切断
  4)その後、他の2つのドライブを取り付け起動するとWindows 10
   が起動する。
  ( == その2 == での「起動ドライブ」に対する記述を訂正します)
・もちろん増設した[RunCore 32G-C SSD] --- Windows 7からも
 問題無く起動します。

■t5740 の 3.3V電源
f0175344_14225978.jpg
・このテストを行なうにあたり、t5740 の 3.3V電源の容量が気になり
 自作の電子負荷装置を接続し、負荷特性を測ってみました。
 (2Aぐらいまで測りたかったがビビッてしまった)
・mSATA SSD へ換装するのに問題は無いようです。
・自作の装置と安いテスターでのデータなので参考程度に・・・・・。



■ご注意
・この基板はsoltec41が個人的な興味で作ったものであり、使用の結果を保証
 するものではありません。
・SSDなどの種類により相性が悪く性能が出ない場合があるかも知れません。
・この変換基板を使った事により不具合が発生しても自己責任として解決願います。




============================================================
[PR]

by soltec41 | 2015-05-29 18:41 | HP Compaq | Comments(4)

Commented at 2015-06-10 18:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soltec41 at 2015-06-11 10:38
SOL312-0へのお問合せありがとう御座います。お譲り出来ますので「非公開コメント」で連絡のとれるメールアドレスをお知らせ下さい。
Commented at 2015-06-11 16:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-01 10:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード