2.2inch LCD のバックライト回路に付いて

2.2inch LCD のバックライト回路の解析

●燐大国製の 2.2inch LCD のバックライト用LED回路には、2種類あるようで
 その解析を行ないました。
●一つの種類は、LEDのアノードが直接8番(LED)端子に接続されたものです。
●もう一つの種類は、LEDのカソード側にトランジスタによるスイッチ回路が挿入され、
 そのトランジスタのベースが8番端子に接続されています。
●2.2inch LCD は、入手が難しくなっており今更感もありますが参考まで・・・・・。



■LEDのアノードが直接8番端子に接続されたもの
f0175344_17362858.jpg
・このLED回路は、ネット上でも散見される回路です。
・VCCへの印加電圧が 3.3Vの場合は J1 を半田でショートして使用します。
・私が入手した 1.44inchや 1.8inch LEDの回路も同様でしたが、LEDのアノードと
 8番端子間に数Ωの電流制限抵抗が入った品物もあります。
・LEDに流れる電流を制限するため、+5V電源から8番端子間に数十Ωの抵抗を介して使用します。
・電流は、LED 1個あたり15mA程度が推奨値のようで4個の場合 60mA程度が良いようです。
・このタイプは電流測定も容易であり、その電流も正確に測れます。
・参考にした 2.2inch LCD の 仕様書 。 


■LEDのカソード側にトランジスタによるスイッチ回路が組み込まれたもの
f0175344_17365363.jpg
・最近入手した故障品の 2.2inch LCD の回路を調べてみました。
・調べたLCDのバックライト用のLED数は、3個でしたが4個の品物もあり数種類の
 LCDパネルが存在するようです。
・LEDの数は、ホワイト画面時にLCDのフレキケーブル側を見ると数えられます。
・調査前は8番端子の電流制限抵抗を数十Ωで変化させても電流に変化がないので
 変だなと思っていましたが、この回路を見ると理解できます。
・LEDのアノードは直接 3.3Vに接続されており、カソードはトランジスタによる
 スイッチング回路になっています。
・LEDの電流制限は、トランジスタのベース電流によりコントロールする回路なのでしょうか?
・手元の品物では、8番端子から数十Ωで+5Vへ接続した場合、LEDに流れる電流は
 100mA程になりました。(LED 3個に100mAはヤバそう)
・5Vから8番端子に接続する抵抗を 20kΩ 程度にすることで電流を抑えることが出来ました。
・LED電流の測定は VCC 端子の電流を測るしか無く、LCD回路の電流込みの測定になります。
・LCD回路の電流は 6mA 程度ではないかと思われますので、VCC端子の電流は
 LED 3個の場合 50~60mA 程度が良いと思われます。
・このタイプは基板上にトランジスタ Q1 が付いており、またピンヘッダーの色が黄色い
 ようで上のタイプとの見分けは容易だと思います。 
・但し AliExpress や eBay で購入する場合、ネット上の写真が販売品と同一では無い
 ことが多く、入手してみるまでどちらの品物か判らないことがあり困ったものです。


■ご注意
・この解析はsoltec41が個人的な興味で作ったものであり、その結果を保証
 するものではありません。
・この調査結果を使った事により不具合が発生しても自己責任として解決願います。




========================================================
[PR]

by soltec41 | 2017-07-01 18:11 | RF基板 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード