HP Compaq t5740 / t5745 の改造(SOL313-0) == その2 ==

HP Compaq t5740 / t5745 Thin Client の改造に挑戦してみます。
今回は、主に SOL313-0 SATA-mSATA Converter基板に付いて記します。


●t5740 の中古品を昨年の後半に入手しました。(確か数千円で)
●調べてみると t5740 と t5745は OS の違う兄弟機のようで、同じように
 改造が可能と思われます。
●例により、内部に未搭載状態のコネクタや空きパターンがあると、そこを
 埋めてみたくなる悪い癖で
  ・WLAN の搭載テスト
  ・mSATA SSD の搭載
  ・その他の改造などに挑戦してみます。
●当然、HP Compaq の商品意図から外れた自己流の改造なので
 自己責任満載での挑戦なのでご注意下さい。


■SOL313-0 SATA-mSATA Converter基板
f0175344_13571248.jpg

f0175344_13572894.jpg
・ 新たに作った SOL313-0 SATA-mSATA 変換基板です。
・SATAコネクタは、形状が垂直マウントのものを入手できなかったので
 サーフェイスタイプのものを加工して使用しています。
 (部品入手は超少量生産のため毎度苦労します)
・回路的には、従来の変換基板と変わりは無く、電源は本体の3.3Vを使用します。
・形状が t5740 / t5745 専用のため他のPCには使用できないでしょう。

■スペーサ交換のための分解
f0175344_14274434.jpg
・オリジナルのスペーサは、ネジ止め式では無いので振動が多いところで使用すると
 SATAコネクタが抜ける恐れが有りそうです。(振動の多い車載などで
 使用しなければオリジナルのスペーサでも問題無いと思いますが・・・・・)
・スペーサの交換には、マザーボードを取り出す必要があります。
 1)黄色丸しるしのネジ6本を外し、2個の放熱器を取り外します。
 2)青丸しるしのネジ5本を外し、シャーシからマザーボードを取り外します。

■スペーサの取り外し
f0175344_1428554.jpg

f0175344_14283392.jpg
黄色丸しるしのスペーサを取り外します。
・スペーサ先端の広がった部分をラジオペンチやピンセットで窄めると
 外すことが出来ます。

■取り外したスペーサ
f0175344_14345528.jpg
・取り外したスペーサです。

■交換するネジ止め式スペーサ
f0175344_14353615.jpg
・マザーボードの信号パターンが近いので金属製では無く、絶縁性のある
 樹脂製のスペーサと樹脂製のネジを使用します。
・スペーサは、M3の六角で高さは11.0mmです。

■ネジ止め式スペーサの取り付け
f0175344_14362331.jpg

f0175344_14364871.jpg
・マザーボードの底面から樹脂製のスペーサをM3の樹脂ネジで止めます。

■SOL313-0 変換基板の取り付け
f0175344_1439270.jpg
・マザーボードを本体に組み込み、放熱器を取り付けます。
 (放熱器の放熱グリスをメンテナンスしておきましょう)
・SOL313-0 変換基板をM3の樹脂ネジで止めます。
・オリジナルのスペーサではぐらついていましたが、ネジ止めのため
 しっかり固定され安心して使用できます。
このSATA SSDを起動ドライブとして使用する場合は、BIOSが
 自動的に IDE(PATA)ポートの SSD(Flash Memory)を、
 起動ドライブ[1st drive] と認識するので必ず取り外して下さい。
 (BIOSの設定で起動ドライブの変更は出来ないようです)
  == その3 == で訂正します。(2015/05/29)

■t5740 のパフォーマンス
f0175344_1439399.jpg
・CPUが非力なAtom N280 のためプロセッサの数値が一番低いです。
・ディスクの転送スピードのスコアは、mSATA SSD のおかげ
 で高い値になりました。
・以前改造した t5730 に比べると SATA2.0 で動作しているので
 ストレスが少なく使用できます。
・メールチェックやネット検索にはなんとか使用出来るでしょう。

■ヤフオク!出品(追記:2015/3/26)
・少量ですが、SOL313-0 SATA-mSATA Converter基板 をヤフオク!へ出品しました。


■ご注意
・この基板はsoltec41が個人的な興味で作ったものであり、使用の結果を保証
 するものではありません。
・SSDなどの種類により相性が悪く性能が出ない場合があるかも知れません。
・この変換基板を使った事により不具合が発生しても自己責任として解決願います。


*** 続く? ***
・次回は、IDEポートの横の空きパターンなどに挑戦できるのでしょうか??


============================================================
[PR]

by soltec41 | 2015-03-16 00:21 | HP Compaq | Comments(0)

HP Compaq t5740 / t5745 の改造 == その1 ==

HP Compaq t5740 / t5745 Thin Client の改造に挑戦してみます。

●t5740 の中古品を昨年の後半に入手しました。(確か数千円で)
●調べてみると t5740 と t5745は OS の違う兄弟機のようで、同じように
 改造が可能と思われます。
●例により、内部に未搭載状態のコネクタや空きパターンがあると、そこを
 埋めてみたくなる悪い癖で
  ・WLAN の搭載テスト
  ・mSATA SSD の搭載
  ・その他の改造などに挑戦してみます。
●当然、HP Compaq の商品意図から外れた自己流の改造なので
 自己責任満載での挑戦なのでご注意下さい。


■HP Compaq t5740 Thin Client
f0175344_18551878.jpg
・ t5740 の スペックはこちら
・スリムでスピンドルレスで静音が魅力的です。
・CPUが非力なAtom N280 ですがメールチェックや簡単な調べ物には使用できそうです。
・DisplayPort connector が有るので遊べるかも。
・若し、数千円で入手できれば結構楽しめるかも知れません。

■分解方法や参考になる資料など
・図解つきの Hardware Reference Guide 参考にして下さい。
・マザーボードのチップ配置などは こちら が参考にになると思います。
・ネット上で改造の参考にさせて頂いた datniodeathさんのブログ記事です。
   記事-1
   記事-2
   記事-3
   記事-4

■t5740の内部
f0175344_18593083.jpg
WLAN のコネクタ部です。
SATA のコネクタ部です。
・左下には t5730 に搭載されていた物と同じ種類の 2GB IDE(PATA) SSD
 搭載され[Windows Embedded Standard 2009]がインストールされているようです。
・Hardware Reference Guide のP20には、SATA SSD(Flash Memory)の取り付け例
 も説明されていますが、価格や入手性、容量などの問題もありそうなので
 mSATA SSD が使用できる変換基板を作ってみました。

■SO-DIMMの増設
f0175344_19272628.jpg
・この機種では SO-DIMM を2個搭載できます。
・Hardware Reference Guideの手順に従い、手持ちの1GB SO-DIMMを増設しました。

■WLANの実験に使用した部品
f0175344_19313811.jpg
・WLAN用のSMAコネクタとIPXコネクタが付いたケーブルを入手します。
・WLAN Card は余っていた 512AN_HMW を使用してみました。

■アンテナコネクタの取り付け
f0175344_19324193.jpg
・背面の[ANT]表示の黒いキャップを外し、アンテナコネクタを取り付けます。

■WLAN Card と ANT の取り付け
f0175344_19344823.jpg
・WLAN用の Mini PCI Expresコネクタに WLAN Card を取り付けて
 IPXコネクタを差し込みます。
・アンテナは、2本付けるとダイバシティ効果が得られますが、今回は
 一本のみとします。(親機と近距離での実験のため問題は無いでしょう)
・写真の白いアンテナは、fon に使用されていた物を流用しました。

■mSATA変換基板(SOL313-0)とベンチマークテスト
f0175344_19351874.jpg

f0175344_19392627.jpg

f0175344_1305873.jpg
・SATAコネクタには、新しく作ったSOL313-0 SATA-mSATA 変換基板を
 挿し、Crucial m4 mSATA 128GB CT128M4SSD3 を搭載しました。
・2GB IDE(PATA) SSD は、取り外してあります。
・OSは、Windws7 をインストールし WLAN 512AN_HMW 用のドライバー
 も当てます。
・デバイスマネジャーでは mSATA SSD と WLAN Card を認識しています。
・[CrystalDiskMark 3.0.3]の測定結果も従来の値と変わらないようで
 SATA2.0で動作しているようです。


*** 続く ***
・次回は、 SOL313-0の詳細 などを・・・・・・。


============================================================
[PR]

by soltec41 | 2015-03-10 01:41 | HP Compaq | Comments(5)