RF Analyzer 関連のプリント基板を頒布

RF Analyzer 関連のプリント基板を頒布いたします


● ヤフオク!にて RF Analyzer 関連のプリント基板の頒布を開始しました。
  ☆ RF Analyzer プリント基板セット ☆
    プリント基板 4種類が一組になっています。
       SOL506-1  DDS-AD9850基板
       SOL507-1  AD8307 DETECTOR基板
       SOL508-2  RF Analyzer Motherboard基板
       SOL513-0  Rotary Encoder基板
  △ DDS-AD9834 SOL504-1 プリント基板のみ 2枚一組 △
  ◯ DDS-AD9850 SOL506-1 プリント基板のみ 2枚一組 ◯
  □ AD8307 DETECTOR SOL507-1 プリント基板のみ 2枚一組 □
  ◇ Rotary encoder SOL513-0 プリント基板のみ 2枚一組 ◇
  ◎ RF Analyzer Motherboard SOL508-2 プリント基板のみ 2枚一組 ◎
                          (2017/08/20)

● プリント基板のみの頒布で、部品を集め組立てる必要があります。

● 落札後、回路図やパーツリストなどあまり親切とは言えない資料を
 ダウンロード出来ます。(追記:2017/08/20)

● 組立てには1608または2012サイズのチップ部品や、0.65mmピッチの
 ICの半田付けなどが必要で、かなり高度な半田付け技術を要します。

● 発送方法は、「定形郵便」 「定形外郵便」 「レターパックライト」です。




■ご注意
・これらの基板はsoltec41が個人的な興味で作ったものであり、
 使用の結果を保証するものではありません。
・RF基板なので使用部品や組立て方で性能が出ない場合が
 あるかも知れません。
・この基板を使った事により不具合が発生しても自己責任として
 解決願います。




=======================================================
[PR]

by soltec41 | 2017-08-09 12:00 | RF基板 | Comments(0)

RF Analyzer Motherboard (SOL508-2)

RF Analyzer 用のMotherboard を SOL508-2 に改版しました。


● 先に紹介した RF Analyzer に使用する Arduino DDS M/B基板を SOL508-2 に改版しました。
● 基板には LPF や ALC回路が組み込まれ、Arduino nano や 2.2inch TFT LCD などを搭載して
  DDS-AD9850基板(SOL506-1) AD8307 DETECTOR基板(SOL507-1)
  Rotary Encoder基板 (SOL513-0) と組み合わせると RF Analyzer を作ることが出来ます。
● この基板は、RF Analyzer だけでなく DDS VFO用としても使用できます。


■SOL508-2 Motherboard
f0175344_1822833.jpg
・RV1 は、ALC の LEVEL(SGの出力レベル)を調整する半固定抵抗で
 時計廻りでレベルが増加する様に改版しました。
・他は SOL508-1 と同じです。


■組立て例
f0175344_17392764.jpg

f0175344_17395684.jpg
・部品なども SOL508-1 と変わりはありません。


・この基板の詳細は、 RF Analyzer M/B (SOL508-1) を御覧ください。



■ご注意
・この基板はsoltec41が個人的な興味で作ったものであり、使用の結果を保証
 するものではありません。
・RF基板なので使用部品や組立て方で性能が出ない場合があるかも知れません。
・この変換基板を使った事により不具合が発生しても自己責任として解決願います。








==========================================================
[PR]

by soltec41 | 2017-08-08 18:03 | RF基板 | Comments(1)

Rotary Encoder基板 SOL513-0

Rotary Encoder基板 SOL513-0 を作りました


● Rotary Encoderを載せる小さな基板を作りました。


■Rotary Encoder基板
f0175344_1824890.jpg

・Rotary Encoderは、1回転20パルス程度のスイッチ付きのものを使用しました。
・周波数設定は、桁を10MHzから1Hzまで切替えられるので20パルス程度でも不便を感じません。
・4PinのXHコネクタも使用できますが、線材を半田付けする事も出来ます。



■ご注意
・この基板はsoltec41が個人的な興味で作ったものであり、使用の結果を保証
 するものではありません。
・この基板を使った事により不具合が発生しても自己責任として解決願います。




=======================================================
[PR]

by soltec41 | 2017-08-08 17:30 | RF基板 | Comments(0)